赤ちゃん寝かしつけ『寝不足お疲れママを助けてくれるおすすめ本』

育児のコツ

赤ちゃんが寝てくれなくてヘトヘト。
本もたくさん出ているけど、一体どれを読んだら良いの!?
 
私自身、4人の子どもを育てる中で「赤ちゃんの睡眠に関する本」を5冊読みました。
 

かなこ
かなこ
内容がわかりにくくて、途中で読むのを辞めたこともあるわ

 
そんなことにならないように、今回は"読みやすく、実際の寝かしつけに役立った本"を紹介します!

スポンサーリンク

『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』


赤ちゃんの月齢ごとに「授乳と睡眠のタイムスケジュール」が組まれているので、その通り実践していくと、次第によく眠れるようになるというのが売りの「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」
赤ちゃんの睡眠について基本的なことがわかります。
新米ママさんにオススメの1冊。

かなこ
かなこ
読んですぐに使える技が満載ですし、読みやすさもGOOD!

かなこ
かなこ
活字が苦手な方に朗報です。「マンガでよくわかる  赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」 が2018年に出版されましたよ。

 

『赤ちゃんもママもぐっすり眠れる魔法の時間割』


「赤ちゃんもママもぐっすり眠れる魔法の時間割」も"赤ちゃんがよく寝てくれるタイムスケジュール"を教えてくれるので、読んだその日から実践できます。
著者 清水瑠衣子さんが南アフリカでの子育て経験をもとに書いた本。
離乳食に関しては日本の子育てと違う点が多くあるので、二人目以降の子育てで精神的に余裕のある方に勧めたい1冊。

番外編『カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとお母さんの快眠講座』


"元祖"寝かしつけ本といえば、2007年に出版された「カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座」
「詳しく赤ちゃんの睡眠について知りたい!」とお思いの方は、一度手に取ってみてはいかがでしょう。
ただし、注意点が一つ。
内容がかなり充実しているので、最後まで読み切ることができない可能性があります。
特に寝不足の人にはかなり厳しいので、そんな方は絶対に買ってはいけません。
 

かなこ
かなこ
理論派で活字好き。さらに時間に余裕のある方にはオススメです。

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました