【3人目出産レポ】初めての立ち会い出産はまな板の上のタイ!?

妊娠・出産

こんにちは。かなこ(@5g_kanako)です。

【出産レポ初産】陣痛で震えが止まらない!想像以上のスピード出産

【2人目出産レポ】破水したのに陣痛が来ない!不安だらけの第二子出産

に引き続き、今回は出産レポ第3弾をお送りいたします。

かなこ
かなこ
私は4度の出産経験がありますが、3度目の出産で初めて立ち会い出産を経験しました。
一人で出産するより心強くはあるのですが、実際のところは…一人の方がよかったかも!?
それでは、出産レポ第3弾スタートです!

 

スポンサーリンク

予定日12日前

「今日、陣痛来るような気がする。」

その日の私の直感は冴えており、朝食を食べながら放ったその一言は現実のものとなりました。

3回目の出産も、私は里帰り出産するため実家に帰省していました。

10時頃には陣痛らしき痛みが出始めたため、まずは主人に連絡。
この日は仕事が休みだったので、産院に来てくれることになりました。

陣痛は順調に進み、昼過ぎには10分間隔の規則正しい陣痛になったので、私は病院へ移動。
出産に備えていました。

酒臭い!?

その日はまず陣痛室に通されたので、そこで痛みと戦うことに。
10分間隔の陣痛といっても、大した痛みではなく、まだまだ余裕のよっちゃん。
テレビを見ながらゴロゴロしていました。
すると、そこへ主人が来てくれました。

「かんちゃ〜ん、大丈夫?」

かなこ
かなこ
ダイジョウ・・・???
・・・臭い。
この人、めっちゃ酒臭いじゃない!!!!

陣痛室に登場した主人は、もう昼過ぎだっていうのに、めちゃくちゃ酒臭かったんです(ー ー;)

翌日は休みだということで、朝方まで飲んでたらしい…
こっちはもう臨月だっていうのに、どんな生活してるんだ、この人。

「俺も寝ていい?」

イラっとしたものの、もはや文句を言う気も失せ、一緒にベッドで横になることに。

かなこ
かなこ
酒臭いからあっち向いて

なんとか新鮮な空気を確保し、また時計とにらめっこ。
陣痛の間隔を確かめます。

「ぐーーーーー・・・ぐーーーー・・・」

隣では主人がイビキをかきながら寝始めました。

さっさと分娩室に移動して、この状況から免れたい!
と願うものの、こんな時に限って陣痛が進まないんだな。

本格的な痛み&逃し方

この時は陣痛がゆっくり進んだせいか、痛みに関して冷静に観察できました。

10分間隔で痛んでいた頃は、お腹全体がギューっと収縮する感じ。
間隔が短くなってくると、その収縮が強くなって痛みも強くなります。

かなこ
かなこ
本番に向けて体力を温存したいので、陣痛がきたら息をゆっくり吐いて、リラックスすることを心がけました。

さらに陣痛が進んでくると、お腹全体の痛みに加え、子宮口の方まで痛くなります。
こうなってくると、リラックスしながら息を吐くことが難しくなります。
痛みを逃すために、細く長くしっかりと息を吐ききるようにするとまだ耐えられます。
この方法はこれまでの出産で自然と身についた、陣痛逃し術です。

かなこ
かなこ
母親学級で、ラマーズ法(ヒッヒッフーってする呼吸法)を練習しますよね。
私はあれだと息を吐く長さが短すぎると思っています。
痛みがあるときは、とにかく息を吐く!
息が持たない場合は、吸う時間は短くして、とにかく吐く。
私にはこの方法がぴったりでした。

子宮口の方まで痛みがではじめてかなり苦しんでいたのですが、主人は隣で爆睡中。
なので、この人は放っておいて…
痛みも限界に達していたので、ナースコールをポチッ。

助産師さんに確認してもらったところ、分娩室に移動することになりました。

初めての立ち会い出産

分娩台に登ると、私も気合が入ります。

さあ、赤ちゃん、一緒に頑張ろうね。
もうすぐ会えるからね。

この辺は3回目の余裕なのでしょうか。
「どうしていいか、わからない!」なんて混乱することはありませんでした。

ただ。

主人の存在が気になる…

主人は私の右側に立っていたのですが、なんだか気になるんですよね。

やっぱりイヤだなぁ…

出産を見られるのは嫌な気分だけど、もう今更出て行けってわけにもいかないし。

かなこ
かなこ
そこで私の頑張りをよーく見ておけ!!!

ここまできたら、助産師さんからの「いきみOKサイン」を待つのみです。

ところが、そのサインがなかなか出ないんです。

まだかな〜まだかな〜と、何度陣痛逃ししたことでしょう。

とうとう耐えきれずに「いきんじゃダメですか?」と聞いたところ、

もういいよー。全開だよー。

 

かなこ
かなこ
早くソレ言ってよ!!!!!

「いきんでOKよ!」って、言ってくれない助産師さんもいるのね…

かなこ
かなこ
絶対もっと前からいきんでOKだったよね!?

 

元気な女の子

「いきんでOKサイン」が出たら、そこからはあっという間でした。

かなこ
かなこ
3000gには届かなかったけど、元気な女の子を無事出産。
分娩所用時間は4時間56分でした。

 

家族の絆

主人はというと、まぁいたって冷静でしたね。
主人がいてくれてよかったことは、生まれてすぐの赤ちゃんの写真を撮ってもらえたことかな。

あとは…
実はこの3回目の妊娠は、妊娠13週の時に切迫流産になってしまい、私は約2週間の入院。
その後も安静が必要だったため、私と子供2人は私の実家で生活していました。
その間、主人はずっと一人でお仕事を頑張ってくれていたんです。
離れ離れの生活で喧嘩してしまったこともあったけど、立ち会い出産をしたことで、また一つ絆が強くなった気がします。

私:「立ち会い出産、どうだった?」

夫:「うん、母親ってすごいな。」

私:「まさに、まな板の上のタイだったでしょ?」

夫:「………。それは豪華すぎやしないかい?」

私:「???」

夫:「タイじゃなくて、コイね。」

やはり、私にはあなたが必要なようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました